離婚方法

離婚するとき、最も費用がかからないのは協議離婚です。手続きも届出をするだけなので簡単です。ただし財産分与や子どもの親権について、後から争いになる場合があります。離婚後も一定期間は、慰謝料や養育費の請求が認められているからです。このような事態を避けるためには、弁護士に依頼して離婚協議書を作成するのが有効です。 協議が上手くいかないときは、裁判所で調停離婚をすることができます。裁判ではないので、原則として弁護士は必要ありません。しかし自分に有利な条件で離婚を成立させたいときは、弁護士のアドバイスが役に立つでしょう。費用も裁判よりは安価です。 調停が不調だった場合は裁判になります。素人では手に負えないことが多く、弁護士に依頼するのが普通です。

相手が不倫をしていたり、生活費を入れないとか暴力をふるうとかいう事実があれば、裁判で離婚することができます。ただし裁判で勝つためには、動かぬ証拠を集めておかなければなりません。 よく言われる「性格の不一致」は、それだけでは理由として認められません。具体的に婚姻を続けられない理由を挙げる必要があります。 どのような証拠が有効なのか、どのような理由なら認められるのか等については、離婚問題に詳しい専門の弁護士に相談すると良いでしょう。過去の判例なども参考にしながら、有利に解決するための助言をしてくれます。 もちろん弁護士に依頼すると費用がかかります。相談料や着手金とは別に、経済的利益に応じた成功報酬が必要となるので、あらかじめ計算に入れておきましょう。