高額の慰謝料

以前であれば不倫は夫がおこなうようなイメージがありましたし、割と世間もそれに寛容だった気がしますが、最近では男女平等の影響はこの分野でも確立されていて、妻の不倫というものも件数は増加を続けています。ともかくこのような事態の収拾は付けにくくて、腹いせにダブル不倫などということも起こりがちなので困惑してしまいます。このような人たちは本来結婚するべきではなかったのかもしれませんが、なかなかそううまくはいきません。どちらかが、浮気心を芽生えさせて、発展しまうケースはたくさんあります。謝罪で済むのなら恩の字ですが、離婚問題にまで発展すると、高額な慰謝料を請求されることになります。手切れ金として払って解消でもよいですが、今後は弁護士を付けて徹底的に争う人たちも増えてくると思います。

残念ながら不倫を原因とした離婚の場合、慰謝料の請求は避けられません。争っていくことももちろんできますが、認めたうえでの話ならば、弁護士に相談してもある程度の慰謝料の支出はやむを得ないでしょう。けれども一口に不倫といっても程度や状況は違うので、争うべきは争っていくのが筋かと思います。それでも神経的には摩耗するので、さっさと手を切ってしまうのもよいかもしれません。弁護士の報酬がかさむだけでも無駄な支出と言えます。よほどのことがない限り、このようなケースは裁判沙汰まではしないものでしょう。人間関係の破たんほど修復不能なものはありません。ここでうじうじ立ち止まるよりは次のステージに進む方がましでしょう。けれども慰謝料の相場は現実にはそう高くないので、それはよく知っておいて、法外な要求は呑む必要がないのは当然です。