高額の慰謝料

不倫問題が起こった際、直面する問題が慰謝料です。不倫による離婚のケースだと、高額な慰謝料を請求される可能性もあります。高額のお金が動く問題ですので、弁護士に慰謝料の相談・解決を依頼しましょう。

この記事の続きを読む

宅地が相続された場合

亡くなった人が使用していた宅地を相続した場合、小規模宅地などの特殊制度の適用されます。しかし、宅地を利用して事業や住むことをしない場合は、適用されない可能性が高くなります。手放す際は、売却してからなど方向制を感がましょう。

この記事の続きを読む

離婚方法

離婚するには、費用がかかります。その中でも安く抑えられる方法は、協議離婚になります。スムーズに済ませるいは、弁護士に離婚協議書を作成してもらうと良いでしょう。また、暴力や不倫など離婚理由によっては、裁判離婚になるおそれもあります。

この記事の続きを読む

alt1番目

問題解決の強い味方

弁護士という職業は、様々な問題を抱える現代社会にとって必要不可欠な職業です。人気も高く、求人数も増加傾向にあります。弁護士は、仕事内容に大きな変化はありませんので、知識を身に付ければ安定の職業です。最近では、女性弁護士の活躍も多く見られます。

この記事の続きを読む

制度の改正

残されるご家族のためにしっかりと考えておきませんか?相続税の計算をするならこちらのサイトが便利です。ぜひご利用下さい。

税の問題に直面した時は大阪の税理士にすぐ相談しましょう。税の専門家が必ず解決策を提案してくれること間違いなしです。

2015年から相続税制が大幅に改正されたことに伴い、相続税の納税対象となる世帯が大幅に増えることが見込まれています。これまでの制度では、5千万円の基礎控除に加えて、相続人1人あたり1千万円控除されていました。そのため、妻と子供2人で相続するようなケースで計算すると、8千万円を超える相続財産がないと相続税の課税対象とならない状況でした。それゆえ、相続税というのはごく一部の資産家だけの問題であるとも考えられていました。しかし、今回の税制改正によって控除額がこれまでの6割へと大幅に削減されたことから、同様の家族構成の場合では、評価額で5千万円を超える遺産があると、相続税の課税対象となる計算となります。

控除額が大幅に下がった今回の改正によって、首都圏や大都市部など地価の高い地区に不動産を所有している世帯を中心に、新たに相続税の納税対象となる世帯が増えることが見込まれます。相続対策を適切に行うためには、早い段階で相続対象となる資産額をしっかりと計算して、対策を考える必要があります。不動産については、賃貸経営や家族との同居などといった条件を満たせば、相続税の計算上の評価額が低くなるケースもあります。相続税について相談する際は、税の専門家である税理士に相談を行うことが重要です。税務相談は税理士の独占業務とされており、無資格の人間に相談した場合、誤ったアドバイスにより相談者が大きな不利益を被る可能性もあります。

法律に関する難しいことは税理士に依頼して解決するようにしましょう。業務に関するトラブルも未然に防ぐことができます。

私怨が絡んで泥沼化しがちな離婚は弁護士に依頼すると良いでしょう。法のプロからアドバイスを受けることでトラブルを避けられます。